ここらで変身! ビフォー・アフター

陽射しはもう初夏。コートを脱いだら「肌見せ」シーズン到来!ここらのアパレルショップでトレンド感あふれるコーデに着替えて美容院で髪色も髪型も軽やかにチェンジしておしゃれスポットにお出かけしません?

<モデル紹介>

(左)宜春浩代 ぎしゅんひろよ さん
皆さまのポストにcocolaやチラシをお届けするポスティング業務に長年携わる。私生活では男子3人の母、仕事でも男性陣から頼りにされるゴッドマザー。着るものに関しては動きやすさ第一主義だが、磨けば光る素材の持ち主ゆえ今回のモデルに大抜擢。

(右)坂野裕美 さかのひろみ さん
ご主人の仕事の関係で昨年末新潟市から上越市に引っ越してこられたばかり。新潟市ではカフェ・オーナーだった裕美さん、現在上越でも開店の準備中。ご覧の通りふんわりナチュラル系で自分の世界を持つ女性。どんなふうに変身しちゃうか、楽しみ!
⇒坂野さんのビフォーアフターはこちら>>>

 


PART1 フィッティング

宜春さんの服装を担当していただく
「べるあみ」店長 石田瑞穂さん

「ふだんはスポーティなイメージなので、エレガント系に挑戦するならシンプルめから入るのがオススメ。身長があるから長めのスカートやガウチョパンツが似合いそう」
袖が流行りのパンチングレース使いのブラウスに淡いピンクのストールでカジュアルな中にエレガンスをプラス。

人気のロゴ入りトップスにトライ。
下はプリーツの入ったガウチョパンツでちょっとドレッシーに。

いろいろ試した結果、店長さんのオススメはこのコーデ!
「トップスは同じ白でも真っ白よりは少し色味が入った方が大人の女性には映える!」
「無地だけど袖のデザインが凝ってるのが今年っぽい」
「腰が張っている体型の場合、タックやプリーツのいっぱい入ったボトムスを選ぶとスッキリ見える」「一見スカート、実はガウチョパンツのスカーチョ。パンツに慣れた人も抵抗なく履けますよ」


PART2ヘアメーク!

宜春さんのヘアメーク担当
ヘアモア店長 齋藤智子さん

「エレガントに変身するならショートボブが服とのバランスもよくオススメ。目鼻立ちがはっきりしているので、メークは盛りすぎずに素材を生かす方向で」
まずはカット。襟足、耳の後ろを梳いて上の方にボリュームを出していく。
カラーは「ピンクとモーブ」のミックス。「ほわんと淡い色みでツヤ感もあり、年齢相応のかわいらしさが出る。宜春さんの瞳くらいの明るさにします」

続いてメーキャップ。
炭酸化粧水で全体を引き締め、美容液を頬骨や額の高いところから薄くのばしていく。

ジェルファンデを手でのばす。手の方が馴染みがよく肌への摩擦も少ない。均一に塗らずに濃さを変えることで立体感を出す。
白いハイライトを入れていく。頬骨、眉の骨格、目の下のクマの気になるところに。ベースの段階でのせた方が自然。
パウダーファンデを、一番濃くのせたいところから全体にのばしていく。口のまわりや顔の外まわりにはあまりつけない。
ルーセントパウダーで毛穴を埋めるように叩いていく。

眉はペンシルで描いてからアイシャドー等のパウダーでぼかしていく。描いただけではダメ! アイラインとマスカラで目がパッチリ

チークは顔色をよくするために顔の外側から顎にうっすら入れる。

髪のセット。ボディ&ヘアケア両方に使えるシアバターが主成分のスタイリング剤を髪全体に。手に取ると溶けてオイルのように使いやすい。「ベタつき、マットな感じがなくて、カールや束感がよく出るのでオススメ」

コテで巻くとほどよいウェーブでエレガンス度増し増しに!
さらに、明るい色のエクステを付けてみたら遊び心いっぱいのおしゃれマダムに変身! エクステは1ヶ月くらいつけっ放しにできる。

ヘアメーク完成!
さあ、着替えてお出かけ。


⇒坂野さんのビフォーアフターはこちら>>>