法律相談#55 「『願いが叶う』ブレスレットを14,000円で販売するという通販会社の雑誌広告をみて・・・」


「願いが叶う」ブレスレットを14,000円で販売するという通販会社の雑誌広告をみて、いいことがあるかなあと思い軽い気持ちで購入しました。ところが、その後その会社から「あなたには怨霊が張り付いている。除霊をしないと大変なことになる」と言われ、除霊には50万円が必要だと言われました。たしかに、私の娘は最近病気になり除霊してもらったほうがいいのかなあと思います。どうしたらいいでしょうか。

 これは開運商法と言われるもので、最初は「金運が上昇する」「宝くじがあたる」などと根拠のない広告でしかもお手軽な金額で客を誘い込み、その後は客の不安を煽り立てて次々に高額な商品やサービスを売りつけるものです。
 開運を期待させるキャッチコピーとお手頃な商品価格とは、客を誘うための常とう手段です。しかし世の中、モノを持つだけで運が開けるなんてことはありません。「怨霊が張り付いている」というのも冷静に考えれば非科学的で何の根拠もないはずです。
 一旦だまされて支払いをしてしまうと、業者は次から次へと不安を煽り立ててきます。被害が莫大な額になることもあります。業者に一旦お金の支払いをしてしまうと、後日だまされたと思っても被害の回復は極めて難しいです。業者は足がつかないように頻繁に事務所や電話などの連絡先を変更します。お金を返せと言った途端に連絡がつかなくなってしまうのです。
 世の中にはおいしい話はない、運は自分の力で切り開くしかないということを心に刻みこみ、おかしな話には絶対乗せられないように注意してください。

次回は6月5日(月)

保存