妊活相談室 #47「現在48歳の再婚です。夫が子どもを希望しております。過去に3回出産を…」


現在48歳の再婚です。夫が子どもを希望しております。過去に3回出産をしていますが、妊娠は可能でしょうか?

 過去に何回か出産されていても、妊娠できるかどうかは女性の現在の年齢によります。たしかに閉経年齢は現在平均51歳で、江戸時代の40歳よりは延びています。また、現代女性は昔に比べ見た目は実年齢より若々しく映ります。
しかし卵子は、生まれてから造られることはありませんので女性の実年齢と同じに年を重ねます。卵子に関しては、年齢が上昇すると染色体異常の割合が上昇することは証明されています。
受精能力とこの染色体異常からみると妊娠適齢期と考えられる34歳以下と、妊娠のタ―ニングポイントである35歳から38歳までは一般不妊治療で妊娠の可能性が高く、39歳から43歳までは人工授精や体外受精での妊娠が必要となることが多いです。
では、44歳以上ではどうかというと44歳、45歳は体外受精では妊娠しますが、ほとんど流産となります。この年齢では、200人妊娠して出産に至るのは一人と言われています。46歳、47歳では受精はしますが、受精卵の細胞分裂はほぼ起きません。48歳以上では、卵子があっても受精はしないことが大部分です。
以上は、一般論でありますが妊娠成立は年齢依存性であることに間違いはありません。ご心配の方は専門医にご相談されることをお勧めします。

  • 妊活や更年期に関するご質問がある方は編集部まで