漢方でととのえる #4「冬は「腎」の養生に努め、「脾胃」の働きを高める」

 冬は本来自然の摂理に従えば、活動を控えてエネルギーを蓄え、寒さ(寒邪)に耐えるための身体づくりに備える季節。そのためには体外への熱発散を防ぎ、体を温める食物や、黒色の食物(山芋・里芋・ゴボウなど)を積極的に摂りましょう

Read more

漢方でととのえる #3「秋は「肺」の疾患に要注意!  冬に向けての養生も大切」

 秋の空は高く晴れ渡り空気は爽やかです。そのため空気は乾燥し皮膚や粘膜のバリアが弱くなり肌トラブル・鼻炎に繋がることもあります。そして秋に多く見られるのが鼻汁がのどに流れ落ちる「後鼻漏(こうびろう)」。これは夏の水分の摂

Read more

漢方でととのえる #2「夏は活力がピーク、デトックスの季節!」

 夏は今まで蓄えていたエネルギーを全開にし、炎熱・上昇・発汗を促すことにより老廃物を外に出し、同時に熱を発散させ体温調節をしていきます。そのため、体力のない方はタンパク質をしっかり摂ることを心がけて下さい。また、夏の不調

Read more

漢方でととのえる #1「春は『肝』の気がたかぶりやすい季節」

春は『肝』の気がたかぶりやすい季節  肝臓の働きは、血液の貯蔵・分配・解毒などですが、漢方ではその他に目、筋肉、感情のコントロール機能など広範囲にわたっています。春は新陳代謝が上がり気持ちも上がってきます。スムーズにエネ

Read more