漢方でととのえる #2「夏は活力がピーク、デトックスの季節!」

 夏は今まで蓄えていたエネルギーを全開にし、炎熱・上昇・発汗を促すことにより老廃物を外に出し、同時に熱を発散させ体温調節をしていきます。そのため、体力のない方はタンパク質をしっかり摂ることを心がけて下さい。また、夏の不調の多くは、冷房や冷たい飲食物の摂り過ぎからくるものです。冷房で自律神経のバランスを崩し冷たいもので胃腸を壊します。そんな時は夏が旬のきゅうり、トマト、とうがん、オクラ、アスパラガス、すいか等で、体の余分な熱を取り汗で失った体液を補充して下さい。ただし、冷え性の方は加熱料理で。水分補給はこまめに少しずつ。本来夏は暑さの中で過ごすのが基本。それに耐えるだけの体力を今からつけていってくださいね。

季節の漢方「夏」
※ご自宅でも店頭でも服用いただけます。
●補中益気湯(ほちゅうえっきとう)…食欲不振、疲労や倦怠感に。
●五苓散料湯(ごれいさんりょう)…むくみやのどの渇き、二日酔いに。
<飲み方>
水にティーバッグ型漢方を入れレンジへ。
※合わない方もいるので必ず店頭でご相談ください。

保存