イラストレーター・アートディレクター 大塚いちおさんインタビュー

~地元の先輩に聞く。どうやって夢をかなえたの? ~

ここらで子ども時代を過ごし、
全国に、世界に羽ばたいていった人は大勢います。
そんな先輩のお一人、大塚いちおさんに
アートの仕事に就いたいきさつなどをお聞きしました。

 

Qイラストレーター、アートディレクターってどんな職業ですか?

 イラストレーターは、一般的に雑誌やweb、商品や広告などのために絵を描く仕事をする人で、アートディレクターとは、広告などのプロジェクトで、デザインの観点から方向性や世界観を作り、進めていく人のことをいいます。通常その2つの仕事を兼任する人は少なく、もしかしたら日本ではわずかな人しかいないかもしれません。僕の場合は、たまたま絵を描きながら、その世界観を広げる仕事に出会えたので、その両方を合わせたような仕事に関わることが多くなりました。
 NHK Eテレの『みいつけた!』などは、特にキャラクターを描きデザインすることから、衣装や背景、タイトルのデザインなどで番組全体の世界観を作っています。

Q 小さい頃の夢。どんな子どもでした?

 野球したり、冬はスキーに行ったり友だちとよく遊んでいましたが、同時に漫画や絵を描いたりするのも大好きでした。小学生のころは、写生大会や絵画コンクールでよく賞をもらいましたが、先生が間違って上下逆さまに展示したりするくらい、いわゆる一般的に上手な絵ではなく、かなり個性的な絵を描いていました。中学、高校は美術部でした。展示でほめてもらえたり、賞をもらえたときなどうれしかったのを覚えています。
 将来、絵を描いたり、何かものを作ったりすることができる仕事に就けたらいいなぁとは思っていましたが、どんな仕事があるのかもわからず漠然と憧れていました。

Q 将来何になるか決めたのはいつ?

 グラフィックデザインを学ぶために東京の専門学校に進学しましたが、就職先として決まったデザイン事務所に何度か見学に行った時に、そこにグラフィックデザイナーとして就職するより、フリーランスのイラストレーターになりたいと思いました。

Q そのために何をしましたか?

 そこからは、ひたすら絵を描きました。当時はたくさんのイラストレーターが、いろいろなコンペでデビューし、その後プロとしても華々しい活躍をしていたので、早くデビューしたいと、コンペに出品するため、本当に毎日たくさんの絵を描いていました。早い段階で、いくつかのコンペに入選したり、雑誌に掲載してもらえたりしましたが、ちょうどバブルが崩壊したころだったのと、イラストレーターのブームが少し下火になってきたころだったので、いくつか仕事ももらえたりはしましたが、華々しい活躍とはほど遠かったと思います。

Q 挫折はありましたか?

 その後、コンペに出品するより、直接たくさんの人に絵を見てもらおうと積極的に自ら営業に行きました。よく見ていた雑誌の編集部におじゃましたり、憧れていたアートディレクターの仕事場に行って直接お話ができたのは、とてもいい経験でした。
 挫折ではないですが、たくさんの人に会ってもなかなか仕事につながらなかったり、仕事になってもそれほどのお金にならなかった時などは、やはり辛かったです。でも、その中で、自分を認めてくれる人に会えたり、同年代の仲間と出会えたこと、いろいろな人とたくさんのことを話せた経験は今の仕事の基盤になっています。

Q これから同じような職業を目指す学生にアドバイスがあれば。

 現在、東京造形大学の特任教授として、また京都芸術大学や長岡造形大学などでも授業を持っています。それぞれの大学で上越出身の学生に会うと、とてもうれしいです。デザインや表現の分野は、ここ数年どんどん変化していって、より細分化されいくつかのジャンルをまたぐケースも増えてきています。複雑になってきている分、受動的になりがちですが、僕らのような仕事は自ら能動的に新しいこと、おもしろいことを発想していくことで価値を生み出します。
 今、世の中にあるものになんとなく合わせていくのではなく、「自分ならどうするか?」ということが必要とされる場面が多くなっています。たくさんのことに興味を持ち、学ぶことで、自分なりの手段を見つけ出してほしいです。

イラストレーター
アートディレクター
大塚 いちお
1968年上越市生まれ。東本町小、城北中、北城高校卒業。アートディレクターとしてはNHK Eテレ『みいつけた!』のほかに、Jリーグ川崎フロンターレのグッズやイベント関係のデザインを担当し、2015年シーズンユニフォームをデザイン。2018年にNHK 連続テレビ小説『半分、青い。』オープニング映像のイラストを担当。