妊活相談室 #60「旅行があるので薬で生理に当たらないようにしたいのですが…」


旅行があるので薬で生理に当たらないようにしたいのですがどうしたらよいでしょうか? そのあとは排卵、生理はどのようになりますか?

一般的に生理を調整するためには、早める場合と遅くする場合があります。早める時には、生理開始から5日目以内に薬を服用しなければなりません。遅らせる場合は、生理予定の7日前から薬を服用します。この薬は、いわゆるピルですが、正確には中用量ピルになります。ピルを内服するため、その後の排卵がご心配なのだと思います。
 ピルの成分内容は、卵胞ホルモン(排卵に伴い増加するホルモン)と黄体ホルモン(排卵後に分泌されるホルモン)の合剤で、排卵後に卵巣から分泌されるホルモンと同じ内容のものです。基礎体温で言うと、高温期に相当するホルモン状態をこの中用量ピルで造るわけです。排卵の前、つまり生理中からピルを内服すると排卵をショートカットしてすぐに高温期になり、内服を終了すると生理になります。また、排卵後、生理の1週間前からピルを内服すると高温期が持続して、内服を終了すると生理になります。このように、一時的な薬の作用ですから、ピル内服終了後は通常の周期に戻ります。

※詳細は大島クリニックのホームページ

  • 妊活や更年期に関するご質問がある方は編集部まで

保存