レシピ遺産【野沢菜漬けのおやき】

【野沢菜漬けのおやき】
頸城地方のおやきは米粉のモチモチした食感が特徴的。冷凍保存もできます。

【材料】10個分

〈中の具材〉
野沢菜漬け 200g
みりん 大さじ1強
砂糖・醤油 大さじ1と1/2強
とうがらし・ごま 少々
〈皮の材料〉

(A)
米粉 300g

もち粉 60g
中力粉 40g

水 240cc
砂糖 大さじ1強

1 野沢菜漬けを細かくきざみ、水に浸けて塩出ししてよく絞る。
2 1にみりん、砂糖を入れて炒め、次に醤油を入れてさらに炒める。
3 水分がなくなるまで炒りつける。
4 お好みでとうがらしを入れ辛みをつけ、仕上げにごまを入れる。
5 Aに水240ccを入れ、こねないようにざっくり混ぜる。
6 5を40分~50分蒸し器で蒸しあげ、ボールに入れて砂糖を加えよくこねる。
7 耳たぶくらいの硬さになったら80gくらいの大きさに分ける。
8 4を入れて包み、形を整える。
9 ホットプレートで上下こんがりと焼く。


Point
野沢菜漬けを炒めるときは、味を見ながら少しずつ調味料を加えよう。


Check!
中身を替えるといろんな味が楽しめるおやき。今回紹介した野沢菜漬けのほか、切り干し大根の煮物や皮によもぎが入っているあんこも定番の味。冷凍保存もできるのでいろんな具を包んで、好みのおやきをたくさん作ろう。米粉が入っているので腹持ちも良く、おやつや軽食にも便利。

左から 切り干し大根、あんこ(皮によもぎ入り)、野沢菜漬けのおやき


体験教室が開催される場所/くびき食彩工房
味噌加工を始めとした地元の食材を活かした農産物の加工製造や加工体験教室を開催。いろりのある交流室、農産物加工体験室の貸出しもしています。近くにある坂口記念館では、ここで作られる頸城地方の伝統食を中心とした、くびきのごっつお膳(要予約)が食べられるほか、味噌、笹団子なども販売されています。