レシピ遺産 【五目ちまき】

 
【五目ちまき】

味がついているので食事もおやつもこれひとつで食べ応え充分。
笹の香りも食欲をそそります。できあがったら3日くらいで食べきりましょう。


【材料】(10~15個分)

もち米  3と1/3カップ

ひじき(乾燥)  10g

ニンジン  70g

干しシイタケ(スライスしたもの)  15~20g

シイタケの戻し汁   大さじ4

油揚げ  1枚

酒  大さじ4

醤油  大さじ2と2/3強

サラダ油  少々

笹(冷凍のもの)  20~30枚

イグサまたはスゲ  10~15本

 

1 もち米をたっぷりの水に一晩ひたす。

2 ひじき、シイタケは水につけて戻す。シイタケの戻し汁はとっておく。

3 油抜きした油揚げを横長にまな板に置き、横に4つに切り、端から5mm幅に切る(粗みじん切り)。

4 ニンジン、シイタケも粗みじん切りにし、油揚げと大きさをそろえる。

5 鍋を熱して油を薄く引き、ひじき、油揚げ、ニンジン、シイタケを入れて炒め、酒、醤油を入れて味をつける。

6 ザルにあげて水を切った1を入れ、汁気がなくなるまでよく炒める。

7 6を2枚の笹で包み、スゲで縛る。

8 蒸気の上がった蒸し器に入れ約70分蒸す。


Point
冷凍した笹は水に浸して解凍しザルにあげ水分をよくふき取る。イグサまたはスゲは熱湯に入れ約10分沸騰させる。笹(冷凍したもの)は上越あるるん村で、スゲは朝市で購入できます。

 


おしえてくれた方/

金井 孝子(左)さん
佐々木 かよ子(右)さん

牧区棚広新田にある「農事組合法人みずほ」でちまきや五目ちまきを作っているおふたりは、生まれも育ちも、嫁いだ先も牧区というなかよし姉妹。この地域の魅力を発信したいと「はさかけ祭」などイベント時にも腕をふるっています。