法律相談 #46「雑貨屋でレジ打ちのバイトをしています。 ①レジのお金が記録上の金額よりも少ないと…」

 雑貨屋でレジ打ちのバイトをしています。
①レジのお金が記録上の金額よりも少ないと「賠償しろ」。②突然にシフトを変更され「明日勤務してほしい」と店長から言われます。どうしたらいいでしょうか。

 ①は、労働者が業務で生じた損害の賠償義務を負うかどうかという問題です。
会社の業務に真面目に取り組んでいるのに、その業務で発生した損害まで労働者に負担させるのは酷です。
会社は、労働者を自らの事業に従事させることによって利益を得るわけですから、事業に伴うリスクは会社が負担するのが公平であると考えられます。したがって、通常の業務で発生する損害について労働者に賠償義務はありません。
レジ打ちは、多数の買い物客を相手にその都度買上げ金額を集計し代金を現金で精算する業務です。記録と実際の現金との間に差額が発生するのは避けられません。賠償義務は認められないと考えてよいでしょう。
②は、業務命令の問題です。会社は、業務遂行上、当然に労働者に対して命令することができますが、それを濫用することは許されません。
労働者にも生活があります。シフトの変更は労働者に家庭や会社外の予定の変更を余儀なくさせるものであり、突然の変更は余りに酷です。
したがって、設問のような業務命令は違法であり、それを拒否することは当然に許されます。