妊活相談室 #21「3回続けて流産しました」

3回続けて流産しました。血液検査や流産した染色体の検査では異常はありませんでした。何が原因なのでしょうか?

  流産が3回連続すると習慣性流産と診断されます。習慣性流産の大半は原因不明ですが簡単にその原因を述べると3割が卵子以外(1割:抗リン質抗体症候群、1割:子宮形態異常、0.5割:夫婦の染色体異常、0.5割:その他)、7割が卵子の原因と考えられています。卵子は生後二度とつくられませんから、年齢を経ると染色体の分離が悪くなり受精着床しても妊娠に至らなかったり、流産となったりします。卵子の原因では染色体だけではないと考えられています。一つ興味深い海外の論文があります。2009年にヨ―ロッパの不妊雑誌に発表されたもので、4回以上流産をしてすべての検査で異常が認められなかった35名に治療を行った論文です。G‐CSFという薬を排卵後に投与したら82.8%(29例)に出産までに至ることができたとの報告です(詳細についてはホームページをご覧ください)。このG‐CSFというものは、排卵から着床までに関連するものですが、日常で検査することは不可能です。このように流産は原因が不明なことが多いですが、何もしなくても3回流産後に妊娠出産する確率は70%、4回流産後に妊娠する確率は50~60%と考えられています。流産はとても辛いことですが、どうか次の妊娠に期待を持たれてみてはいかがでしょうか。

  • 妊活や更年期に関するご質問がある方は編集部まで