法律相談 #107「交際していた男性との子を妊娠したのですが、男性は自分の子かどう かわからないし、養育費の支払いもしたくない、と言ってきました…」

交際していた男性との子を妊娠したのですが、男性は自分の子かどうかわからないし、養育費の支払いもしたくない、と言ってきました。出産後私はどうしたらよいでしょうか。

 まずは、相手に父親であることを認めてもらう(これを「認知」といいます)必要がありますね。
相手が認めてくれればいいのですが、認めない場合には調停や裁判で男性を相手方にして認知を求める必要があります。
裁判所では、DNA鑑定を勧めてくれるはずです。鑑定費用は数万円で済みます。検査の方法も唾液を採取するだけで簡単、結果も確実な結果が出ます。親子の可能性が限りなく高いという結果が出れば、相手も父親であることを認めざるを得ないでしょう。
次に、男性が子の父親であると認められれば、男性に対して養育費を請求することができます。この養育費の請求については、その支払の開始時期をめぐって争いになることもあるので、子を出産したらすぐに認知の請求と一緒に申立をしたほうがいいでしょう。
以上のとおりですが、子と生活をしていくにあたって自分の収入と養育費の支払だけでは不十分という場合があります。その額が少ないのであれば児童扶養手当を受給できます。詳しくは行政の窓口で相談してください。

今月の無料相談  10/4(月)10:00~