妊活相談室 #89「結婚して4年の間妊娠しません。もうすぐ40歳になるので心配です…」


結婚して4年の間妊娠しません。もうすぐ40歳になるので心配です。夫は自然にまかせればいいと言います。治療を受けたほうがいいのでしょうか?

統計上は妊娠を希望して半年で7割、1年で9割のカップルが妊娠します。1年以上妊娠が成立しなければ、治療の対象と考えられます。また、妊娠が成立するかどうかの最大のポイントは女性の年齢です。女性の年齢が上昇すると卵子が減少し、40歳くらいになると生まれた時の2%くらいの卵子数になります。また、39歳には卵子染色体構造異常が急速に増加します。一般的な染色体の異常から考えられる妊娠分娩のタイムリミットは43歳と考えられます。これらの理由から早めの治療をおすすめしますが、ご夫婦の考え方に差があることはときどき見受けられます。
 こんなときはどうしたらよいか? 本来であれば、まずは精液検査も含めてひと通りの検査を行うのですが、その前に女性の方お一人でも医療機関に受診されてはいかがでしょうか。医師の説明を聞いたあと、ご主人とゆっくり再度話し合って次はお二人で受診されることをおすすめします。不妊治療でいちばん大事なのは(医療全般にいえることですが)とにかく話すことです。40歳の方であれば、妊娠分娩可能な時間は、残り3~4年くらいです。後悔がないように話し合ってみてください。

※詳細は大島クリニックのホームページ

  • 妊活や更年期に関するご質問がある方は編集部まで

保存