妊活相談室 #92「男女共に体重の多い少ないは、妊娠に影響しますか?」


男女共に体重の多い少ないは、妊娠に影響しますか?

 妊娠に大きく影響するのは、卵巣機能(卵胞数、ホルモン値など)と、いちばん重要な女性の年齢ですが、今回のご質問より体重と妊娠の関連を
見てみましょう。アメリカの雑誌『Fertility and Sterility』の2020年11月
号に掲載された論文より紹介いたします。
 妊娠したことのない夫婦・カップル2,301,782組の妊娠前のBMI(体重㎏÷身長m÷身長m)と、妊娠までの期間との関連を調べた報告でありま
す。まず、至適(正常)BMI値は、男性は22.69~27.74 女性は20.61~23.06ですが、この正常BMIのカップルを基準として比較検討したもので
す。男女ともに低体重のカップルの妊娠率は10%低下・受胎確率オッズ比0.90(オッズ比:統計学における事象の起こりやすさを表す指標)でした。また、ともに過体重のカップルでは妊娠率19%低下・受胎確率オッズ比0.81でした。これらの組合せより最もにんようせい妊孕性(妊娠能力)が低い組合せは過体重の女性と低体重の男性のペアで、妊娠率30%低下・受胎確率オッズ比0.70でした。最も妊孕性が高い組合せは、正常BMIの女性と過体重の男性のペアでその受胎確率オッズ比は1.03でした。

※詳細は大島クリニックのホームページ

  • 妊活や更年期に関するご質問がある方は編集部まで